あなたのお店の口コミ誘導をつくります。花谷博幸.com

<お名前>

<メールアドレス>

月刊治療院経営とは…

治療院専用ホームページ制作
今、ホームページはスマホ対応必須です。パソコン・スマホ・タブレットすべてが連動!しかも簡単更新機能搭載!
これこそ、あなたの求めていたホームページでは?
花谷博幸ブログ
治療活動の中で感じる日々思う事柄経営者としての信条や新ノウハウを 日記にして書いていきます。
花谷博幸事務所
353-0007
埼玉県志木市柏町6-29-44-301
ベルリバー
☎048-424-2919
東武東上線柳瀬川駅東口
目の前セブンイレブン上
緑色のマンション

花谷ストーリー

を五体満足に生んでくれた両親に感謝します。
私がこうして日々楽しくエキサイティングな人生を歩めるのも、両親が私を健康的に育ててくれたことだと思っています。私は2750g仮死状態で生まれました。母は妊娠中にドクターより「危ない」と宣告されていたそうです。

花谷ストーリー 私がこの仕事に就くことになったのは学生時代陸上競技をしていた事に由来します。
その頃はケガが絶えなく富士見市内の接骨院や整形外科によく通っていました。
特に勝瀬中学校時代は記録も出ず、悩み多き少年時代でしたが、高校に入ると身長も体力も向上し、記録も順位も上がり、友人も多く青春時代を謳歌していました。

ある時、父に連れられ都内の治療院に行き現在の師匠と出会いました。
最終的にこの仕事への決心はその師匠に対する憧れからでした。

花谷ストーリーその後、ある縁で中国に3年間行く事になり山西省という埼玉県との姉妹都市に留学。

留学して半年後には病院内研修という日本人の全くいない環境に置かれ臨床学習を行いました。
言葉も解らない状態から担当患者を持つまで、あの3年間は本当に勉強しましたし、貴重な時間でした。

特に鍼灸、漢方、最後は心臓まで中国でも最高峰の先生方とマンツーマンで研修できた事は今も大いに役立っています。外国語というのはセンスなんですねー。

帰国して鍼灸専門学校に3年間、国家資格も一発合格して鍼灸師となりました。
実は学生の頃から開業はしており、今でもその頃からの患者さんに私は育ててもらっています。

花谷ストーリー99年に移転した3番目の治療院では移転2カ月目で火事が階下から起こり、治療院は全て煙でいぶされ長期休業に追い込まれたりもしました。

あの時、消防士に「貴重品を持ち帰ってください」と言われ、私は現金とカルテ、妻は入り口にあったスリッパを持ち帰ったのです。なぜスリッパだったかと言えば、彼女が初めてのテナントの治療院作りの際、最後まで悩んでいたのがスリッパだったからでした。

どんな不幸も過ぎれば伝説となるものです。

開業当初から約7年間、患者さんが本当に来ない時期がありました。
それでも自分を信じ、師に学び、技術や人間力の研鑽をし、帰国後から月20冊読書とアイデア夢ノート(現在53冊)の継続をしてきました。

はじめての人でも成功する! 治療院リラクゼーション経営塾繁盛する治療院のしくみ 214の絶対法則花谷ストーリー花谷ストーリー 花谷ストーリー肩こり・腰痛解消BOOK

お陰様でバランス研究所は皆様のお気持ちに支えられ地域ダントツ一番の治療院、日本トップレベルの治療技術の提供という自負と過信のもと、たくさんの素敵な方々に足を運んでもらい余裕を持った運営ができるようになりました。

治療院運営以外にも2003年から全国のプロの治療家、院長先生に対して経営や治療術を指導する研究会 を立ち上げ、現在治療業界で最も大きい研究会を主宰するようにまでなりました。

そのため全国各地で学習意欲の高い院長達に既に数千名へのセミナーや指導を年間通じて開催しております。書籍の出版も6冊できました。

花谷ストーリー花谷ストーリー
花谷ストーリー花谷ストーリー
花谷ストーリー
花谷ストーリー

2008年にホノルルマラソン完走、2009年にバンジージャンプ(当社の社員旅行は毎年アクティブ研修ばかり・・全員が飛んでいます)、柳瀬川駅に分院開院、2010年には税務署も訪れ、追徴金ゼロの健全経営として褒められました。

いつの間にかスタッフも増え、共に日々の努力と幸せを感じながら歩ませてもらっています。

花谷ストーリー 花谷ストーリー 花谷ストーリー

はただ、業界をリードし、後進を育成し、夢を語れる男になれるよう行動し続けることだと信じています。そのためにも自分の活動における背中を作っておきたいと思います。

花谷ストーリー

2012年冬、小さな夢を達成しました。
2012年1月冬休みに、私が20代の頃よくナップザック1個で歩き回ったアジア大陸。

特に長男が生まれた時に決めた夢。インドに二人で旅をすることです。
今回もあの頃同様に二人で世界最貧困のスラム地区を歩きましたが、強烈な体験として彼らに世界を見せることができ、旅のスキルこそが生きるスキルだと教えてきました。


2013年3月、20年営んできたみずほ台のバランス研究所を閉じ、今まで分院であった柳瀬川にあるバランス整骨院にて診療をすることになりました。

チームバランスは日本トップレベルの治療の提供と気楽に通える明るく笑いのあるフレンドリーな治療院を目指します。
チームバランスの自慢は『チーム皆仲良し』です。
どうぞ今後とも末永くご愛顧よろしくお願いします。

花谷ストーリー

チームバランス  代表 花谷博幸

お読みいただきありがとうございました。今度は皆様のマイストーリーを聞かせてください。

チームバランス一同